<   2015年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

d0214541_15135264.jpg

OLYMPUS OM-D at Taipei Songshan Airport Taipei



松山空港に早めに着いて、フライト準備をすませた後に所持金の清算を兼ねて食事と買い物。所持金をきっちり使い切りたいので有り金全部を使い果たすのがここのところの海外旅行…なんだけど、今回はやたらと買い過ぎて残金があまりなくて、計算をしながら買ってました…

が、、、最終的に100TW$ちょっとしか残金はなく、でも空港に入ってるレストランのヌードルは最低価格でも140TW$。点心にすれば買える物もあったんだけど無性に牛肉麺の気分で、結局、友達に借りましたwww そうまでして食べた紅焼牛肉麺140TW$(約560円)
d0214541_15135019.jpg




今回は台湾の航空会社のチャイナエアラインで行ったのですが、その機内食です。
○往路/羽田空港→松山空港
オムレット
d0214541_17513067.jpg


○復路/松山空港→羽田空港
チキン
d0214541_15135541.jpg

○ポーク
d0214541_15135797.jpg

往路も復路も出航前に空港で食べた食事が響いて、あまり食べれなかったんだけどね。。。


d0214541_15135979.jpg

2回目という事で、台湾の様子が少しわかってたからこそ充実したプランを立てる事が出来ました。それでも時間的余裕はないので心残りはあるのでまたいつか行きたいな。そしてもうちょっと暖かい時期に行ってみたいなーと思ってます。ベトナムやカンボジア、タイ、マレーシア、チュニジア等他にも行きたい国は沢山あるんだけど、日本から近くて行きやすいのは台湾なので、短期しか休みがなかったら多分また台湾に行くんだろうな(笑)

そしてすでにもう行きたくなってるしww


おまけ
3日の台湾旅行で歩いたせいなのか、気圧の問題なのか足がパンパンにむくんでしまった。トランクに足を乗せたくなる気持ちがよくわかりました。この時の爆睡お姉さんの気持ちがよくわかる…
d0214541_17514054.jpg



にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by ohkaxxx | 2015-04-22 20:00 | +台湾2015 | Comments(0)
d0214541_14294416.jpg

OLYMPUS OM-D at Dihua Street Taiwan


雙連市場の後は、迪化街に向かいました。からすみやドライフルーツが沢山売ってる街なのですが、誰も買わずに私は永樂市場で台湾っぽい花柄の布を購入しました。去年は近くまで来ていたんだけど、疲れちゃって入らなかったんですよ。最終日に訪れたので所持金が寂しくなっていたもあって買ったのはほんの少し。初日に来ていたら大人買いしそうだったので、所持金が寂しくてよかった…とか思ったりしてw(今、在庫の布の量が多すぎて布は購入自粛中)迪化街は粉のようなものも色々売っているので次回は調べて何かの粉を買いたいと思ってます。

d0214541_1422152.jpg

迪化街に来る途中で豆花のお店があったので入ってみました。ここは去年も来ているんだけど、去年は寒かったので暖かい豆花にしたので今回は冷たい豆花を選びました。ちなみに豆花とは、お豆腐プリンといった感じで、そこにトッピングをするというものです。


d0214541_1422930.jpg

コチラは私が頼んだ豆花に芋頭トッピング。
芋頭ってなんだ?と思いながら芋団子のようなものを想像してたんだけど芋そのものが入ってきました。あまり美味しそうじゃないなーと思いつつ食べたらこれが超おいしい。うっすらお芋に甘い味があるのでサッパリのシロップにお芋のねっとり感がいい感じでした。字が読めたらこれは頼んでなかったので、海外旅行の面白さを感じながら頂きました。

d0214541_14221187.jpg

友人は豆花にタピオカトッピングなんだけど、シロップに檸檬ジュースが入ってるようでとても爽やかな豆花。

d0214541_14221276.jpg

友達は豆花ではなく刨氷をオーダー。刨氷とはかき氷。下層に紅豆(あずき)とか緑豆とか花生(らっかせい)とかぎっちり詰めてその上にかき氷、黒蜜シロップをかけてるんだけど黒蜜よりも豆の方が主張してました。



台湾土産の代表といえばパイナップルケーキ。台湾には数多くのメーカーがあるんだけど、私のお気に入りは舊振南。お土産で頂いてからここはうまい!とお気に入りなんだけど、このお店の本店は高雄なので台北ではどこで売ってるんだろう…?と調べたら台北SOGOや台北三越で売ってるみたい。なので中山の新光三越にあるんじゃないかと行ってみたらなく(台北と中山は違うからねぇ)調べてみたらそこから5分くらいのところに店があるというので住所を調べて向かってみました。途中「アンタ達ドコイクノ?」というアケミちゃんに声をかけられ(アケミちゃん=日本語が上手なお茶屋のおばちゃん)アケミちゃんオススメののパイナップルケーキ屋に案内されたけど、それでも私の目当ては舊振南。ここでは買わない、ごめんねーと舊振南を目指したのでした。ずっと、路面店だと思って探していたんだけど、実は晶華飯店(リージェント台北ホテル)の地下アーケードに入ってました。探すところが最初から違ってたので見つからなかったよ。

英語堪能な友人に「試食してみたいけど大丈夫?」と声をかけてもらい、試食タイムスタート。リージェントに入ってるお店なので店員さんも英語が堪能。台湾語、日本語、英語が乱れながらコミュニケーションをして気がつけば1時間。ほんと楽しいヒトトキでした。

定番パイナップルケーキとアーモンドケーキの試食。
d0214541_1504591.jpg



アーモンドクッキーとかぼちゃの種のクッキーの試食
d0214541_150477.jpg



舊振南のパイナップルケーキは皮がしっとりバター風味で、餡も酸味甘みのバランスがいいのでとても美味しいので元々オススメなんだけど、買いにいくなら中山のリージェントホテル地下2階のこのお店。予定時間ギリギリまでいたのでランチ的な事もお茶的な事も出来なかったんだけど、試食で十分満たされてましたw



にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by ohkaxxx | 2015-04-20 20:00 | +台湾2015 | Comments(0)
d0214541_13115673.jpg

OLYMPUS OM-D at Shuanglian Station Taiwan



台湾といえば小籠包…なんだけど、鼎泰豐も京鼎樓も東京に支店があるし台湾でしか食べれないものを食べたいなーと思っていた時にネットで目にしたこの白い液体。あまりおいしそうには見えないけどこれは鹹豆漿(シェントウジャン)といって台湾ではポピュラーな食べ物のようで、味の想像が出来なかったので食べる事に。旅行前に友達から「時間的に可能なら朝市に行ってみたい」とリクエストを受けていたので調べてみたら、朝市は雙連市場、鹹豆漿で有名なお店もその近くにあるとわかったので、ホテルの朝ご飯をスルーして向かいました。

d0214541_1365541.jpg

雙連駅出てすぐ、雙連市場の向かいという場所にありました。ちなみに台北の街を歩いていると「大王」とついてるお店が多いんだけどこれは王様ではなく「専門店」という意味でした(笑)


台湾語の発音が出来ないので口答で注文は絶対無理ーーと諦め、番号を紙に書いて渡す事に。
d0214541_1365357.jpg


1焼餅加蛋 25TW$(約100円)
台湾風焼きパンに卵を挟んだもの
d0214541_1364880.jpg



7熱豆漿 25TW$(約100円)
これが鹹豆漿。揚げパン、ザーサイ、葱などの上に豆乳を入れ黒酢を入れたもの。黒酢の力で凝固するのでおぼろ豆腐的になっているけど特には豆腐は入ってないようです。優しい味でとても美味しかった。これは家でも挑戦しようと思ってます。
d0214541_1365193.jpg



11小籠包 70TW$(約280円)
今回の旅では食べれないと思ってた小籠包…ですが、スープはなく小籠包というより肉饅頭。美味しかったけど小籠包とは別物w
d0214541_1364597.jpg



16蛋餅 20TW$(約80円)
もちもちっとした皮に挟んだ卵サンド。皮が違うだけで焼餅加蛋と似てました。
d0214541_1364992.jpg



■世紀豆漿大王



その後は雙連朝市に行ってみました。
d0214541_1365942.jpg



これは何かの食べ物みたいだけど…お世辞にも美味しそうじゃありませんw
で、帰って調べてみたら「紅亀果」といって台湾でお正月やおめでたいときに食べる、もち米を蒸したおまんじゅうらしいです。お供えにもされるそうです。色が毒々しいw
d0214541_137349.jpg



これは調べたけどわからなかったもの。イメージですが漢方チックな感じがします…
d0214541_137149.jpg



市場ってよくわからないものの売ってるけど、楽しかったです。思ったよりその場で食べれる食べ物が少なかったので立ち食いせずに眺めてきました。


にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by ohkaxxx | 2015-04-16 20:00 | +台湾2015 | Comments(0)
d0214541_12452753.jpg

OLYMPUS OM-D at Shilin Night Market Taiwan



私は2回目の台湾だけど、一緒に行った友人は初めてだったのでどこかの夜市に行こうかという事で一番大きな士林夜市に行ってみました。ここはとにかく人が多い…そして1本の道の脇に屋台が出てる訳じゃないのでごちゃごちゃ。

とりあえず食べるところは色々あるけど、地下の食品街で軽く腹ごなし。これで一人だいたい175TW$(約700円)
d0214541_12453237.jpg


中でも衝撃だったのがこのメニュー。
d0214541_1245348.jpg

エビのフリッターとパイナップル缶詰が一緒に盛られていて、練乳的なシロップがかかっててその上にカラースプレーがかけられているというもの。食べれない程まずくはないけど、調和はされてなく、白い練乳的なものが微妙な一品でした。

その後に、コーンと豚肉の生煎包を頼んでるのに、なぜか渡されるのが豚のみの生煎包。2回間違えられて3つめにしてようやく注文したものにあたったけど…いいのか悪いのかこれでお腹いっぱい。饒河街観光夜市で有名な胡椒餅の支店が士林夜市にもあって、その前も通ったんだけど、この間違えだらけの生煎包を2.5個食べてお腹いっぱいなので、胡椒餅を断念しました…これも心残り。
d0214541_12454350.jpg

d0214541_1245407.jpg

d0214541_12453859.jpg



雪花氷(シュエファービン)の杏仁豆腐味を食べました。60TW$(約240円)
d0214541_12454433.jpg



ここで一緒に行った友人の腰痛が悪化。まだ士林夜市は広範囲に屋台が出てるんだけどそれは断念してタクシーに乗って帰りました。私もホテル近くのマッサージ屋さんで体をほぐしてもらい(30分400TW$(約1200円)2日目が終わりました。


にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by ohkaxxx | 2015-04-14 20:00 | +台湾2015 | Comments(0)
d0214541_1229954.jpg

OLYMPUS OM-D at Ruifang Station Taiwan



十分から今度は台北市内へ戻ります。行きと同じルートの逆、十分から平渓線で瑞芳、瑞芳から特急で台北に戻ればいいので気が楽です。チケットを買って30分くらい時間があったので、瑞芳駅で一時解散。それぞれ好き勝手に動く事に。

ちょっとコバラが減ってたので葱抓餅を食べてみました。卵入りで35TW$(約140円)
d0214541_12291219.jpg


葱抓餅屋さんのおじさん。田山涼成さんに似てるwww
d0214541_12291116.jpg



瑞芳は小さい規模なのですが、このくらいが落ちつく…といいつつ、道路を渡るタイミングが計れなくて2回くらいひかれそうになりました…(;^_^
d0214541_1229297.jpg



またみんなと合流して、今度は台北に戻りました。
d0214541_1229792.jpg

d0214541_1229541.jpg



にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by ohkaxxx | 2015-04-12 08:00 | +台湾2015 | Comments(0)
d0214541_127327.jpg

OLYMPUS OM-D at OLYMPUS OM-D at Shifen Station Taiwan


今回「九份宿泊&十分立寄り」が台湾旅行のメインだったので、九份から十分に直接向かいしました。…といっても、九份の最寄り駅の瑞芳駅で台北には戻らず、ローカル線に乗り換え数駅なので比較的近いんですけどね。ただローカル線なので電車の本数が少ないので九份の民宿でネットの電車情報(時刻表ね)を調べていたら、調べる時間がかかってしまい観光客が来る前の地元の人が準備しているところを撮りたいと希望してたのに、すっかり観光客で溢れていた事態になっちゃったんだけど、それはまぁ仕方がないw 

d0214541_120848.jpg

九份からタクシーで予定前の時間に瑞芳駅に着いて駅の電光掲示板を見たらすぐに電車が来るっぽい♪ラッキーと思って改札の中に入ったら、そのすぐ来る電車は逆方向で時刻を調べたのに1時間、ただ駅のホームにいる事になっちゃいました。九份で調べてたのに…(;^_^

同じように待ってる他のお客さん。ベンチ無視でみんな地べたに座ってました…ww
d0214541_1201357.jpg


十份駅到着。
d0214541_1201845.jpg

日本にいたときは、ローカル線でのんびり旅気分を味わおうと思ってたんだけど、実際は九份以上の人人人!車内もラッシュ並みの混み具合。そして電車の数は少なく、見るところもそんなに広くないので結果的に人が凝縮されて混み混みの十份。


改札を通らないで直接ホームから線路に降りて出て行く人たち
d0214541_1202060.jpg



線路の上で行灯飛ばします。
d0214541_1204956.jpg



電車が来ると(電車は十份に近づくとベルを鳴らす)脇によけ…
d0214541_1204549.jpg



去るとまた線路に人が戻る…とこんな繰り返しでした
d0214541_1204241.jpg



一応、こんな看板(多分だけど「通行すると罰金払ってね」と書いてあると思う)もあるんだけど効果はまったくないようですw
d0214541_12174339.jpg



あまりにも達筆な願い事。ここまで達筆だと多分、願いは叶うと思うわ。
d0214541_12137.jpg

この行灯飛ばし。うまく上がっていけば願いが叶うと言われていて、すぐに燃えちゃうと叶わないと言われてるそうです。私は燃えてる行灯は見なかったんだけど一緒に行った友人はすぐ燃えちゃった残念な行灯を見てるそうです。


d0214541_1205666.jpg

人でごちゃごちゃしてたけど、面白い体験でした。


にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by ohkaxxx | 2015-04-10 20:00 | +台湾2015 | Comments(0)
d0214541_064840.jpg

OLYMPUS OM-D at Jiufen Taiwan


九份といえば『お茶/芋圓』らしい。去年は食べそびれたので今年は必ず食べようと自分の中で誓っていたので、朝食を食べた後に行って来ました。ただ1人1個だとヘビーそうなので(台湾まで来たので、沢山のものを食べたいじゃないですかw)ここは1個買ってみんなでシェアしました。1個45TW$(約180円)

d0214541_065755.jpg

ちょっと階段を登るとその店はあり、基本の芋圓にトッピングが出来るようです。どうせなら全部乗せでしょ、という事で「総合豆」にして冷たい方の芋圓をオーダー。

d0214541_065917.jpg

すると作業場のような店内を通されて→通されて→通されて出たところは展望窓付きの飲食スペース。九份の絶景が見れるので窓際は人気みたいですが、民宿で絶景を十分堪能したので私たちは手前の非絶景のテーブルで頂きました。そして、これが…美味しいかったんですよ。トゥルンとした芋団子にトッピングの小豆やら大豆やら緑豆がアクセントになって、薄い甘さがちょうどいい。台湾スイーツは素朴なものが多いです。
■阿柑姨芋圓


d0214541_06494.jpg

さて念願の芋圓も食べたので、次は魯肉飯。入ったのは傳統魚丸。お店の名前の通り、魚のすりみ団子が入ったメニューが有名らしいんだけど、私たちは魯肉飯w ここもなんだけど、台北で食べた魯肉飯よりも優しい味でした。1つ30TW$(約120円)

d0214541_065184.jpg

人は多いけど相席だし回転率は早くすぐ入れました。
■傳統魚丸


あとはお土産で洋服を買ったりオカリナを買ったり。着こなし方法が5通り〜6通りにもなるワンピースを買ったんだけど(色はもうちょっと地味な色を購入したよ)ここのお姉さんが親切で、さすがに着方のパターンが多くて覚えられないなぁと思ってたらこトルソーにかかってる服で実践してそれをビデオに撮らせてくれたり、素敵な店員さんでした。

d0214541_11533681.jpg

このまま2〜3泊九份にいたいくらい楽しかったんだけど、次の予定があるので昼前に九份を去ったのでした。今回はゆっくりしたかったので九份に泊まったけどまだまだやり残した事が沢山。例えばこのおまんじゅう?(紅糟肉圓というらしい)は去年も気になっていて今年も食べれなかったんだよね。見た目だけでは美味しいと思えないんだけど、これも九份名物らしいんです。最近はいくつか思い残しがあった方がいいと思ってるのでいつかまた九份に行って食べようと思います。


にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by ohkaxxx | 2015-04-07 20:00 | +台湾2015 | Comments(0)
d0214541_23441665.jpg

OLYMPUS OM-D at Jiufen Taiwan



今回、九份で泊まった民宿は「日光涵館」
B&B(ベッド&ブレックファースト)だったので夕飯はついてないけれど朝食はついてました。食べたところは泊まった民宿ではなく、同じオーナーさんが経営してるカフェのある民宿まで出向くとこれが朝食が出されます。2種類のハムとチーズがサンドしてあって+フルーツと…右上にあるのがカボチャサラダに見えるけど、フルーツのサラダでした。なんとなくみかんの風味で林檎の角切りっぽいものが入っていて見た目はカボチャサラダ。見た目と味が見事に違うので不思議な感覚で面白かったです。

d0214541_10451873.jpg

チェックアウトは11時なんだけど、朝食を食べたカフェで荷物は預かってくれるので九份滞在中は身軽に散策できます。


泊まった部屋はこんな感じ。
ベランダから見れるはずの絶景は生憎霧で見れなかったんだけど快適でした。オーナーの娘さんのチャーリーンは日本語が堪能。九份の情報なども日本語で教えてくれるので非常に助かりました。
○広いシャワールームとトイレ
d0214541_23441396.jpg


○区切られているベッド
d0214541_23441437.jpg


台北ナビでも仲介してくれるらしいのですが、私たちは直接メールで申し込みました(←英語の出来ない私は英語の堪能の友人にお願いしたのですけどねw)その友人が言うには予約のやり取りを英語でメールをしたら返事は日本語で返って来て、それでも英語でメールしたんだけど返事は日本語。最後には友人も日本語でメールしたそうです。要するに日本語でやりとりしても十分OKな民宿でした。
日光涵館
※私たちは日光涵館4に宿泊


にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by ohkaxxx | 2015-04-05 20:00 | +台湾2015 | Comments(0)
d0214541_23232032.jpg

OLYMPUS OM-D at Jiufen Taiwan


九份はとても人気の街だけど、ほとんどが台北からの日帰りツアーなのでそのツアー客が帰るとあっ!という間に人がいなくなります。人がいなくなった九份を見たかったので宿泊したんだけど、当然の事ながらお客さんがいなくなるとお店も閉まり、阿妹茶楼を出たらほぼこんな感じ。夜遅くまで営業してる数少ないお店をチャーリーン(民宿のオーナーの娘さん)に教えてもらっていたのにそのお店がどこだったかををすっかり忘れたので、諦めて九份のバス停脇にあったセブンイレブンで夕食になるものを買おうと向かっていたところ、泊まったところとは別の民宿のカフェが開いてたので問答無用にそこで夕食。もたもたしてる間に閉店されちゃったら本気でくいっぱぐれちゃうからねw

d0214541_2323266.jpg

店内は80年代洋楽が流れ、とても居心地もよく、何より牛肉麺のスープが絶品でした。去年1月に饒河街観光夜市(ラオハージエ・イエシー)で食べた牛肉麺とは全然違い漢方味が薄め。本当に美味しいんだけど、台湾感はさほどなく、でもかなーーーり美味しい牛肉麺でした。美味しいのに複雑な気分って何なんでしょうね(笑)250TW$(約1000円)

d0214541_23232461.jpg

友人の頼んだエビの卵あんかけごはん。これも優しい味でした。300TW$(約1200円)
d0214541_23232246.jpg

九重町



d0214541_10125930.jpg

さて翌朝。朝日を撮ろう!と日の出の前に民宿からちょっと離れた公園に行ってみました。でも、日の出時間が過ぎてもなかなかお日様は出てくれなくて完全に飽きた頃にやっと出て来ました。1時間以上待った甲斐ありました。

d0214541_1013115.jpg

その後にまた九份の街に戻り、観光客のいない九份を堪能。この階段、前夜はもう人人人!という状態だったんだけど、嘘のように誰もいません。

d0214541_1013312.jpg

いるのは犬だけ。
九份だけじゃなく台北もなんだけど、こちらの犬はリードがついてないのがほとんどで、みんな放し飼い。特に観光客になついてる訳でもなく野犬のように攻撃的でもなく、人と一定の距離を保ちながら街にいるという感じでした。

この静かな街も8時過ぎには観光客であ!という間にごった返して大賑わいになったんですけどね。


にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by ohkaxxx | 2015-04-03 20:00 | +台湾2015 | Comments(0)
d0214541_2258178.jpg

OLYMPUS OM-D at Jiufen Taiwan



タクシーで九份まで行って民宿にチェックインして民宿の説明と九份の説明を受けてちょっと部屋でのんびりしたらすっかり夜。九份でお茶を愉しもうと千と千尋の神隠しのモデルと言われてる(※ジブリは否定)阿妹茶館へ。ここは民宿のオーナーの娘さんから『混むからツアー客が去った20時30分過ぎに行くとイイヨ』と教えてもらったので素直に20:30分頃に入ってみました。3階テラスに通されたんだけど私たち以外には1組という貸し切り状態♪宿泊組ばんざいw

d0214541_2258447.jpg

システムはお茶をグループで1種類選び(価格は400TW$(約1200円)〜1000TW$(約4000円)までお茶によって様々)一人×お湯代100TW$(約400円)でお茶を飲む、という感じでした。店員のお兄さんにどのお茶がオススメ?と聞いたら400TW$(約1200円)の翠玉茶を進められたのでそちらをオーダーしてお茶の入れ方をレクチャーされました。

…が、説明が早すぎて覚えられなかったwww
明確には覚えてなかったけど、茶器を温めていくつかの茶器を経由して小さいカップに辿り着き、それを飲むというもの…あぁ、なんて適当な説明w 詳しい入れ方はコチラのサイトを参考にしてね↓
台湾茶の入れ方

d0214541_2258948.jpg

d0214541_22581127.jpg

d0214541_22581342.jpg


私は実は煎茶が苦手。お抹茶と玄米茶、ほうじ茶は飲めるんだけど煎茶は(渋いから)美味しいと思った事がない。でもこのお茶は非常に美味しくて生まれて初めてお茶って美味しいのね〜と思って飲みました。でも時間を置いちゃって渋くなったお茶はやっぱり飲めなかったんだけどね。

d0214541_22581767.jpg

最後に、何のお茶を頼んだか忘れちゃったので店員さんにメニューを撮らせて、とお願いしたらこんなにかっこいいポーズをしてくれました。お姉さん、ステキ♪

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by ohkaxxx | 2015-04-01 20:41 | +台湾2015 | Comments(0)

桜果の日々のちょこっと+


by ohka_t
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30