人のいない九份の夜と朝/台湾旅記録2015:その6

d0214541_23232032.jpg

OLYMPUS OM-D at Jiufen Taiwan


九份はとても人気の街だけど、ほとんどが台北からの日帰りツアーなのでそのツアー客が帰るとあっ!という間に人がいなくなります。人がいなくなった九份を見たかったので宿泊したんだけど、当然の事ながらお客さんがいなくなるとお店も閉まり、阿妹茶楼を出たらほぼこんな感じ。夜遅くまで営業してる数少ないお店をチャーリーン(民宿のオーナーの娘さん)に教えてもらっていたのにそのお店がどこだったかををすっかり忘れたので、諦めて九份のバス停脇にあったセブンイレブンで夕食になるものを買おうと向かっていたところ、泊まったところとは別の民宿のカフェが開いてたので問答無用にそこで夕食。もたもたしてる間に閉店されちゃったら本気でくいっぱぐれちゃうからねw

d0214541_2323266.jpg

店内は80年代洋楽が流れ、とても居心地もよく、何より牛肉麺のスープが絶品でした。去年1月に饒河街観光夜市(ラオハージエ・イエシー)で食べた牛肉麺とは全然違い漢方味が薄め。本当に美味しいんだけど、台湾感はさほどなく、でもかなーーーり美味しい牛肉麺でした。美味しいのに複雑な気分って何なんでしょうね(笑)250TW$(約1000円)

d0214541_23232461.jpg

友人の頼んだエビの卵あんかけごはん。これも優しい味でした。300TW$(約1200円)
d0214541_23232246.jpg

九重町



d0214541_10125930.jpg

さて翌朝。朝日を撮ろう!と日の出の前に民宿からちょっと離れた公園に行ってみました。でも、日の出時間が過ぎてもなかなかお日様は出てくれなくて完全に飽きた頃にやっと出て来ました。1時間以上待った甲斐ありました。

d0214541_1013115.jpg

その後にまた九份の街に戻り、観光客のいない九份を堪能。この階段、前夜はもう人人人!という状態だったんだけど、嘘のように誰もいません。

d0214541_1013312.jpg

いるのは犬だけ。
九份だけじゃなく台北もなんだけど、こちらの犬はリードがついてないのがほとんどで、みんな放し飼い。特に観光客になついてる訳でもなく野犬のように攻撃的でもなく、人と一定の距離を保ちながら街にいるという感じでした。

この静かな街も8時過ぎには観光客であ!という間にごった返して大賑わいになったんですけどね。


にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by ohkaxxx | 2015-04-03 20:00 | +台湾2015 | Comments(0)

桜果の日々のちょこっと+


by ohka_t
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30